=活動目的=


 ・日本における国家や政治と教会の関わりを、聖書と神学の視点から

  研究します。

 ・現在の日本の状況を踏まえ、教会がこの時代に担うべき神学的課題

  として整理します。

 ・整理された神学的課題を広く一般に提供します。

賛助会員登録を希望される方はフォームから送信してください。


 


2018年3月19日月曜日

第7回例会のお知らせ


「リチャード・ボウカム『聖書と政治 社会で福音をどう読むか』を読む。」 第6回例会を行いました

 第6回例会は、2月23日(金)、OCC会議室を会場に行いました。
 発題は、岡山英雄牧師(日本福音キリスト教会連合東松山教会)。
 「リチャード・ボウカム『聖書と政治 社会で福音をどう読むか』を読む。」と題して、聖書学者R.ボウカム先生の著書を、翻訳者の岡山先生が、本書をテキストに、聖書の読み方、聖書がつたえるメッセージについて、明快に参加者をみちびきました。







 まず、聖書は誰に向けて、何の目的で書かれたものであるかということを考えました。それはローマ帝国が、絶対的な政治的忠誠を要求し、ローマ皇帝とローマの伝統的な神々への礼拝を強要していた1世紀後半における政治的状況の下で書かれたものです。

 そして、旧新約の関係と読み方についての根本的な要点を確認しました。旧約を新約の成就に照らして読むこと、、新約を旧約の背景によって読むことです。

 全体が統一した物語である聖書が、経済的に大きな関心を持っているのは、やもめ、孤児、在留異国人、障碍を持つ物乞いや日雇い労働者など、最も貧しい人々です。なぜなら神のすべての人々への愛は、最も貧しい人々への特別な配慮を要求するからです世界のグローバル化のもとで、キリスト者の第一の尺度は、グローバル化が世界の最も貧しい人々に対してもたらすのは、恩恵か、さらなる不利益かという点です。ある経済的システムが、たとえほとんどの人々をより裕福にするとしても、多くの非常に貧しい人々の生活を真剣に改善していないなら、それに満足することはできません。



 聖書の物語は、多くの種類の資料を含み、多くの異なった所に置かれていますが、全体的な特徴がそれらすべてを束ね、物語の全体の意味を問うとき、物語に描かれた、さまざまな具体的な状況において、神の目的が指し示している方向に気づかせてくれます。




 現代のグローバル化について見ると、それは単なるプロセスではなく、ひとつのイデオロギーであり現在進行形です。市場の魔法への教条的な信仰、完全に妨げられない自由市場資本主義の広がりが、西洋文明の素晴らしい贈り物を世界にもたらすであろうという確信。経済的繁栄のみならず、民主主義や選択という個人の自由の拡大。これらある種の偶像礼拝が認められるのは、経済的なゴールとして、完全に拘束されない自由市場が、他のすべての考えに優先されるときです。
 キリスト者は、そのような偶像礼拝に対抗して、神の祝福のグローバル化に属すものとして注意しなければなりません。神のすべての人への愛と、神の最も不運な人々への特別な関心が優先されます。  
 聖書の今日にとっての意味は、一連の解釈学的原則を正しく使用すれば、自動的に結果を得られるわけではありません。それは解釈者の洞察、想像力、批判的判断、現代世界の専門的な知識を必要としますし、聖霊の導きを必要とするものです。 
 最後、「初代キリスト教は静寂主義であり、政治に無関心な運動であると想像する人々は、黙示録を学ぶべきである。そして初代教会はローマの支配に対して、皇帝礼拝を除いては批判するものはなかったと考える人々も、この書を学ぶべき」と結ばれました。
(文責:事務局)


 

次回第7回例会は、4月13日(金)午後6時30分からOCC411会議室にておこないます。
テーマは、 「伊勢神宮を利用する政治」(仮題)。発題は星出卓也牧師の予定です。

2018年2月2日金曜日

2018年2月11日 「信教の自由を守る日」の集い情報です。

2月11日は「信教の自由を守る日」です。
今年は主日となりましたので、前日や翌日になるところもありますが、各地で集いが持たれます。当会ゆかりの教団・教派、地域の集い情報をお届けいたします。ご一緒に考える時を持ちませんか。


【情報は随時更新】










第6回例会のお知らせ


第6回例会のご案内です。

2月23日(金)午後6時半~
発題は、
岡山英雄牧師(日本福音キリスト教会連合東松山教会)です。
「リチャード・ボウカム『聖書と政治 社会で福音をどう読むか』を読む。」


 経済格差、民族差別、ホロコースト、核兵器… 注目の聖書学者R.ボウカムが、世界の難問に聖書から斬り込む。 イエスが1世紀パレスチナの政治状況の中で語った「神の国」は、今日のグローバル化した世界に何を意味するのか?
混沌とした社会の中で、多くの人が迷い、悩んでいます。その現代社会をどのように聖書で照らし、説き明かすのか、示唆に富んだ一冊です。その内容を翻訳者の岡山先生がお話しします。
ぜひお出かけ下さい。




当該の本はコチラです。
https://www.amazon.co.jp/%E8%81%96%E6%9B%B8%E3%81%A8%E6%94%BF%E6%B2%BB-%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%81%A7%E7%A6%8F%E9%9F%B3%E3%82%92%E3%81%A9%E3%81%86%E8%AA%AD%E3%82%80%E3%81%8B-%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%A1%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%B0%E7%A4%BE-%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%82%A6%E3%82%AB%E3%83%A0/dp/4264036275

2017年7月19日水曜日

第3回例会を行いました。



 7月14日に第3回例会を東京・千代田区神田駿河台のお茶の水クリスチャン・センターで開催しました。
 今回の発題は星出卓也牧師(長老教会・西武柳沢キリスト教会牧師)でした。
「すべてのものを支配させよう・相互共生に仕える社会的権威」と題して講演しました。

以下、クリスチャン新聞を引用紹介します。

 星出氏は、「神が意図された本来の『支配』の性質は、エゼキエル書34章が『養い』『いやし』『傷ついたものを包み』『世話をし』という言葉で表している支配であり、愛に基づく支配」だとし、「自然破壊や抑圧と搾取が横行する地上の荒廃の原因は、人間の堕落に帰するものであって、神の命令に帰するものではない。現実は地を治めるよう命じた神の御心から離れた支配だ」と指摘。「共生社会か、競争社会か。今日教会はこの時代の中でどう政治的ビジョンを示し、どう神の御心を現すかがますます問われている」と語った。
 講演後、質疑応答の時をもち、最後にグループに分かれ、日本の政治に神様の御心が現れるように祈り合った。


2017年7月6日木曜日

第3回例会のお知らせ


7月14日(金)

第3回例会のお知らせです。


「すべてのものを支配させよう
   ・相互共生に仕える社会的権威」       
   発 題    星出 卓也 牧師
            (日本長老教会西武柳沢キリスト教会牧師)
        
  2017年7月14日(金)午後 6時30分~
 御茶ノ水クリスチャンセンター・411号室

   趣旨に賛同される方はどなたでもお越しください。席上献金をお願いいたします。


2017年6月1日木曜日

第2回例会 「責任倫理の担い手としての『われ』と『われら』」

5月26日におこなわれた「教会と政治フォーラム」第2回例会は、31人が参加しました。朝岡勝牧師(日本同盟基督教団徳丸町キリスト教会牧師)が、「責任倫理の担い手としての『われ』と『われら』」と題して発題。発題を受けてデイスカッションで深めました。
 次回第3回例会は、714日(金)午後6時半から。発題は星出卓也牧師です。
 詳細が決まりましたらご案内いたします。

<発題の要旨>

 教会が「政治的」な事柄に関わろうとする時、あるいは関わらざるを得ないような時、その場合の主体は誰なのか、という問いがある。『教会が政治も含めた「倫理的な課題」にどのように関わることができるのか、その課題の担い手になるのは誰か』という問いを投げかけた。
 この問いを、マックス・ウェーバーの「心情倫理」と「責任倫理」の概念から考え始め、ディートリヒ・ボンヘッファーが行った講義をもとに編纂された二つの著作、『服従』(1937年)と『倫理』(1940〜43年)を掘り下げて考察。
 さらに、教会と国家の関係性と区別性について、どのように考えたのかを「ドイツ福音主義教会の現代の状況に対する神学的宣言(通称バルメン宣言)」(1934年)の第五項を見ることによって明らかにした。
 最後に、再びボンヘッファーの『倫理』に立ち戻り、責任倫理の担い手としての「教会」について考えた。
 暫定的なまとめとして、以下に5点を挙げた。
1、教会は、政治や国家の課題に対して、結果責任を負わない心情倫理としてでなく、むしろアクチュアルな課題として引き受け、祈り、奉仕するとともに、時には注意を喚起し、警告し、時には「新たな選択肢」(オルタナティヴ)を示す責任倫理の担い手とされている。
2、責任倫理の担い手としての教会は、「十字架の下にある服従する者の教会」として、キリストへの服従において方向づけられ、「地の塩・世の光」としての役割を果たすことで、その責任を担う。
3、責任倫理の担い手としての教会は、「究極のもの」すなわちキリストの義認によって生かされるゆえに、「究極以前のもの」すなわち現実の社会の中で、福音宣教とともに、責任倫理の実行とによる政治的参与の使命を果たす。
4、責任倫理の担い手としての教会は、「神の御前」における罪の認識と告白において「われ」と「われら」が一つにされた「教会という全体的な『私』」である。
5、責任倫理の担い手としての教会は、罪の認識と告白から出発し、それを引き受け、キリストによる赦しに与ることでその責任を果たすゆえに、政治や国家の課題も、神の御前にあって罪の赦しを必要とし、それゆえに教会が赦しを求めて引き受ける課題なのである。

<発題を受けてのデイスカッションから>

「自分の所属教団の創立宣言での戦争中の罪責告白を顧み、日本のプロテスタント教会は『出エジプト』をしないといけないのではないかと痛感」、
「日本にある公同の『教会』として、日本の中で生かされているキリストの民として、『責任倫理の担い手』になることの自覚。『地の塩・世の光』は、なりたくてなるとかではなく、なるものとされている。その生き方を身につけることが必要」、
「小さな群れでもイエス・キリストの身体である、ということを語っているのかどうかを問われた。講壇から『教会とは何か』、を語ることが必要なのではないか」、
などの声が出されました。
また、「国家がその委託と使命を放棄し、暴走しているというと、それは『心情倫理でしょう』と言われる。その判断の分かれ目はどう考えるか」との質問には、「『信仰告白の事態』と認識するときは、実際は事態がかなり進んでしまっている。せめぎ合っている現実の前で、絶えず線を引きなおす必要があるのではないか?」。その判断の線として、「隣人がないがしろにされていることを見逃してはならない。」など、現実に引き付けての具体的かつ有意義な意見交換となりました。